ワキガ

ストレスでワキガが悪化する!?

 

ワキガとストレスには、大きな関係があります。

 

ストレスがかかると、自律神経の作用によりホルモンのバランスが崩れてしまいます。

 

そうすると、これによりアポクリン腺が刺激されて、ワキガが悪化してしまうのです。

 

 

 

ワキガではなかった人も、ストレスによりワキガになってしまう…などという可能性もあります。

 

さらに、ストレスでワキガのニオイが気になりだし、それがまた気になり汗を多くかく…という負のループに陥る人も少なくありません。

 

なお、これはアポクリン腺を持っている人に限るので、アポクリン腺を保有していない方はストレスを感じてもワキガにはなりません。

 

 

 

しかし、緊張するとアポクリン腺だけではなく、エクリン腺も活発になるのでワキが汗びっしょりになってしまいます。

 

ワキガも恥ずかしいのですが、ワキ汗も気になりますよね。

 

 

 

ストレスでワキガが悪化してしまった時の対策方法としては、

 

  • ワキガを気にし過ぎない
  •  

  • ストレスを軽減する
  •  

  • リラックスして生活する

 

などといったことが挙げられます。

 

 

 

  • ゆっくりお風呂に入る
  •  

  • 友人とおしゃべりをする
  •  

  • しっかりとした睡眠をとる
  •  

  • バランスのよい食事を心がける
  •  

  • 旅行する

 

などして、ストレスを軽減させていきましょう。

 

 

 

そうは言っても、ストレス社会の現在、ストレスを感じない生活って難しいですよね。

 

ストレスによってワキガが悪化した場合には、ストレスがなくなり普通の生活に戻れば元に戻ります。

 

 

 

また、ストレスといっても良いストレスと悪いストレスがあり、悪いストレスがワキガの原因となります。

 

あまり自分を追い込まないようにすることも大切です。

 

 

 

「それでもストレスでワキガが悪化してしまった…」というときには、ワキガ対策クリームでケアしていく方法もおすすめです。

 

ニオイが原因でますますストレスになる…という前にケアしていきたいですね。