ワキガ

産後にワキガになるってホント?

 

「産後に急にワキガになった…」という方は、結構たくさんいます。

 

なぜそんなことが起こるのかというと、ホルモンバランスの乱れが原因です。

 

 

 

勘違してはいけないのは、ワキガ体質かどうかは生まれたときに決まっています。

 

「ワキガ体質=ワキガ」ではなく、何らかの刺激やホルモンの関係でアポクリン腺が成長し活発になり、ワキガのニオイが発生するのです。

 

「ワキガ体質だけど、ニオイはしない」という方も、たくさんいるんです。

 

 

 

産後にワキガになるというのは、ホルモンが乱れアポクリン腺が活発になったために起こるのです。

 

その他にも乳腺が発達し、母乳を与える刺激でアポクリン腺まで刺激されてしまうこともあります。

 

母乳育児をしている方に起こりやすい現象です。

 

 

 

また、産後のホルモンバランスの乱れで、多汗症気味になることもあります。

 

アポクリン腺が活発になり汗が増えてしまうと、どうしてもニオいやすくなってしまうのです。

 

そして、免疫が落ちてしまい雑菌が繁殖しやすくなつことで、ワキガのニオイがきつくなることも考えられるのです。

 

 

 

こうしてみると、産後にワキガになる要因はいろいろ考えられるんですね。

 

産後の身体は産前とは違い、ホルモンバランスやさまざまなものが乱れてしまうのです。

 

 

 

ただし、産後にワキガになった人は一生ワキガのままなのかというと、そういうわけではありません。

 

産後だいたい1〜2年後のホルモンバランスが落ち着くころには収まってくる場合がほとんどです。

 

あまりストレスを感じすぎず、まずホルモンバランスが落ち着くのを待ってみましょう。

 

 

 

ニオイが気になる場合には、

 

  • 食生活を和食にする
  •  

  • 軽い運動をする

 

などといった方法もあります。

 

 

 

しかし、赤ちゃんとの生活があるので、あまり無理せずに生活していきましょう。

 

ワキガ対策クリームもあるので、そういった商品を使ってみることもおすすめです。