ワキガ

ワキガと食生活の関係とは?

 

ワキガの原因はいろいろあるのですが、食生活も大きくかかわっています。

 

肉(特に脂肪部分)を食べると、ワキガがきつくなると言われています。

 

これは動物性たんぱく質を多く摂ると、アポクリン腺の分泌が活発になりやすいからなのです。

 

つまり、たんぱく質を多く摂ると、汗が増えるのです。

 

また、消化にも時間がかかるので、身体を酸化してしまい体臭が強くなってしまうのです。

 

 

 

では、どんな食生活ならワキガを軽減することができるのでしょうか?

 

それは、身体を弱アルカリ性にするということです。

 

 

 

身体を弱アルカリ性にするには、

 

  • 梅干し
  • お酢
  • 豆腐
  • 納豆
  • 緑黄色野菜
  • しいたけ
  • バナナ

 

などを摂るのが良いと言われています。

 

 

 

なかでも、梅干しは、体臭予防の王様とも呼ばれているほど、素晴らしい食品なんですよ。

 

ワキガにお悩みの方には、是非おすすめしたい食品なのです。

 

 

 

お肉は少な目、また油もオリーブオイルを使うことをおすすめします。

 

和食中心にする、大食い早食いをしないというだけでも、ニオイの改善となります。

 

和食は刺激が少ないので、洋食や中華料理よりもおすすめなのです。

 

 

 

なお、一気に多く食べると、内臓に負担がかかってしまい、内臓が弱ります。

 

そうすると、排泄力、消化率、吸収率が下がり、老廃物がワキからも出て、ワキガが悪化してしまいます。

 

大食いは身体にもよくないので、腹八分目を心がけていきましょう。

 

 

 

ここ最近は、食が欧米化してきたので、ワキガに悩む方が増えてきています。

 

もちろんワキガの原因は食生活だけではないのですが、食事も関係はしています。

 

食生活を少し変更するだけで、ワキガの臭いも軽減される可能性もありますので、気を付けてみてはいかがでしょうか?

 

身体がアルカリ性になるような食事を心がけていきましょう。