ワキガ

ワキガとホルモンには関係があるの?

 

ワキガとホルモンには、関係があると言われています。

 

 

 

まず、女性のワキガとホルモンの関係についてお話していきましょう。

 

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つの種類があります。

 

生理が開始するあたりの時期には、プロゲステロンよりもエストロゲンが活発になります。

 

ですから、アポクリン腺が刺激されるので、ワキガのニオイが一気にきつくなるのです。

 

 

 

このように、女性ホルモンのバランスによって、ワキガのニオイは左右されます。

 

排卵日付近や生理のときにはニオイがきつくなると感じる女性が多くいるのですが、それはプロゲステロンが多くなるからなのです。

 

妊娠するとワキガがきつくなる方もいますが、この場合は出産するとニオイは元に戻ります。

 

閉経とすると、女性ホルモンの減少とともにアポクリン腺も委縮してワキガがよくなってきます。

 

 

 

では、男性ホルモンとワキガの関係は、どうなのでしょうか?

 

男性も、二次性徴でホルモンが活発になるとともにアポクリン腺が活発になり、ニオイが強くなってきます。

 

男性は女性のように毎月ホルモンバランスが変化することはないのですが、男性ホルモンによってアポクリン腺は刺激されます。

 

 

 

男性ホルモンだけが、ワキガの原因を作っているわけではないのですが、男性ホルモンが多い人がワキガのニオイがキツイというのも一理あります。

 

  • 筋トレをしている人
  •  

  • プロテインやサプリを飲んでいる人

 

は男性ホルモンが多く、ワキガのニオイがキツめということもあるのです。

 

ワキガのニオイが気になる場合には、飲んでいるサプリの服用を中止するのも1つの方法です。

 

 

 

このようにワキガとホルモンは関係があるのですが、ワキガのすべての原因がホルモンというわけではありません。

 

ストレスによっても、ホルモンのバランスは変化するのです。