ワキガ

ワキ毛の自己処理でワキガになるの?

 

ワキ毛を剃ったり抜いたりすると、ワキガになるという話を聞いたことがありますか?

 

女性ならほとんどの方がワキ毛の処理をしていると思いますが、これでワキガになってしまうのだとしたら大変です!

 

こちらの記事では、その真相に迫りたいと思います。

 

 

 

まず、ワキガの原因となるのはアポクリン腺の汗なのですが、アポクリン腺はもともと持っていない人もいます。

 

アポクリン腺を持っていない人は、いくら毛を剃っても抜いてもワキガになるということはありません。

 

 

 

一方で、アポクリン腺を持っている人がワキ毛を剃ると、

 

  • 汗がワキに溜まりにくくなる
  •  

  • ワキに熱がこもりにくくなる
  •  

  • ワキを清潔を保てる

 

などというメリットがあるので、ワキガが軽減されそうなイメージですよね。

 

 

 

しかし、ワキ毛の処理中にお肌を傷つけてしまうと、殺菌が中に入って炎症を起こします。

 

殺菌が入ることとムダ毛を剃ることがアポクリン腺の刺激となり、ニオイが出てしまうこともあるのです。

 

毛を抜く行為も同じで、アポクリン腺の刺激となり一時的にワキガのニオイがきつくなってしまうのです。

 

 

 

それでも、ワキの毛をそのままにしておくと、ニオイがこもりワキガ体質の人には辛いものです。

 

ワキを剃ったり抜いたりしたほうが清潔を保てるので良いのですが、お肌に刺激を与えてしまうことが気になりますね。

 

 

 

カミソリを清潔にする、傷つけないように優しくする他にも、脱毛サロンやクリニックでも脱毛もおすすめです。

 

ワキガの人が脱毛をして、「ワキガのニオイが軽減した!」という声も多くあるんですよ。

 

 

 

その他にも、ワキガ対策クリームで軽減させる方法もあります。

 

ワキ毛が生えている女性って嫌なので、多くの方が処理をしますよね。

 

その処理によってワキガのニオイが一時的にひどくなった場合には、ワキガ対策クリームを塗るというのもおすすめです。