ワキガ

ワキガ菌とは?

 

「ワキガ菌」と呼ばれるものがあるのを知っていますか?

 

ワキガ菌とは、ニキビの原因菌と同じく常在菌なのです。

 

アポクリン腺から出る汗は本来無臭なのですが、エクリン腺からの汗や皮脂と混ざり、そこに常在菌が分解するとワキガのニオイが発生するのです。

 

 

 

ワキガの代表的な菌はコリネバクテリウム属の菌で、ワキガの方のワキにはこの菌が見つかるのです。

 

コリネバクテリウム属の菌は、ワキガ体質ではない人のワキに常在しません。

 

なぜならば、このコリネバクテリウム属の菌はアポクリン腺からでる脂質やたんぱく質を栄養として生きているので、ワキガ体質ではないと死滅してしまいます。

 

また、このワキガ菌は乾燥した場所が苦手で、湿度のあるワキが大好きなのです。

 

 

 

では、どうすれば、ワキガ菌を減らすことができるのでしょうか。

 

それは、ワキの下をキレイにして、汗をかきにくい体質にすることです。

 

熱のこもりやすい洋服をやめることでも、湿度が高くならずニオイの発生を抑えることができます。

 

 

 

「ワキガの手術をしてもニオイが消えない…」という方もいるのですが、その原因はワキガ菌ということもあります。

 

アポクリン腺の量が多い、そしてコリネバクテリウム属の菌がもともと多い方は、手術しても臭うということになってしまうのです。

 

 

 

ワキガ菌はとっても厄介なものなので、対策としてはワキガ対策クリームというのも1つの方法です。

 

しかし、皮膚常在菌のすべてが悪いものではなく、お肌の管理をしているのです。

 

そのため皮膚常在菌とは、うまく付き合っていく必要があります。

 

 

 

「ワキガ対策クリームで、良い皮膚常在菌もなくしてしまうのではないか?」と不安に思いますが、菌はまた繁殖しますので問題はありません。

 

ワキガ菌対策としてワキガ対策クリームを使用し、着る洋服の素材にも気をつけるなどしてみてはどうでしょうか?