ワキガ

ワキガと頭皮のニオイに関係はあるの?

 

ワキガ体質の人って、頭もクサイのでしょうか?

 

 

 

ワキガ体質の人にはアポクリン腺が多いため、嫌なニオイが出てしまうのです。

 

しかし、頭皮にアポクリン腺はありませんので、頭からワキガのニオイがするということはないと言えます。

 

けれども、ワキガで頭の臭いも気になるという人が、実は多くいるのです。

 

これは、なぜなのでしょうか?

 

 

 

考えられる理由には、皮脂や汗の量が多いため皮脂臭がする、ということです。

 

皮脂の量が多いと、古くなった脂のニオイが残ってしまい加齢臭のようなニオイがすることがあります。

 

頭は風通しが悪いので、皮脂の多い人はニオイがちで、古雑巾のようなニオイがしてしまうということがよくあるのです。

 

アポクリン腺のない場所でも、ワキガ体質の人は普通の人よりもニオイが強くなる傾向があります。

 

 

 

なお、ワキガ手術をした人は、頭皮のニオイが強くなる傾向もあります。

 

ワキのアポクリン腺やエクリン腺を取り除く手術をすると、発汗する場所が少なくなってしまいます。

 

なので、上半身に熱がこもりやすくなったせいと言われています。

 

皮脂の多い人は術後臭がする可能性が高いのですが、医学的には証明されていないのです。

 

 

 

また、シャンプー後にしっかりと乾かさないと、頭皮のニオイが強くなってしまうこともあります。

 

生乾きの状態でいると細菌が繁殖してしまうので、せっかく洗ったのに台無しになってしまいます。

 

髪の毛を洗った後は、ドライヤーを当てて乾かす習慣をつけましょう。

 

 

 

ワキガと頭皮のニオイは直接関係はないのですが、少しは関わりがあるようですね。

 

改善策としては、シャンプーを1日1回しっかりして、乾かし清潔に保ちましょう。

 

 

 

また、スキンヘッドにして風通しをよくするのも1つの方法ですが、これはちょっと難しいですよね。

 

新陳代謝をよくすることも大切なので、食生活と睡眠をしっかりとるようにしましょう。