ワキガ

そもそもアポクリン腺って何?

 

そもそもアポクリン腺とは、どういったものなのか知っていますか?

 

アポクリン腺は、汗を分泌する汗腺の1つで、体全体にあるものではなく、

 

  • ワキ
  •  

  • 耳の中
  •  

  • 陰部
  •  

  • 乳輪

 

といった限られた場所にあるものなのです。

 

 

 

アポクリン腺から出る汗は、白っぽくてネバネバしているのが特徴です。

 

この汗の成分であるたんぱく質、脂質、鉄分、糖質などが常在菌により分解すると、ワキガのニオイを出すのです。

 

「この臭いはなんのために?」って感じなのですが、フェロモンを出すためにアポクリン腺が存在していると考えられています。

 

もう1つの汗腺はエクリン腺といい、ここから出る汗は99%が水分なのでほとんどニオイもありません。

 

 

 

アポクリン腺は誰もが持っているものなのですが、大きさと数は人それぞれです。

 

ワキガ体質の人はアポクリン腺の数が多い、そして1つ1つが大きめなんです。

 

 

 

このアポクリン腺の数や大きさはどのように決まるのかというと、遺伝で決まります。

 

両方の親がワキガだと子供は80%、片親の場合でも50%が遺伝してしまうんです。

 

 

 

生まれた時からアポクリン腺はあるのですが、赤ちゃんや幼児期からワキガのニオイがするわけではありません。

 

成長期のホルモンの変化でアポクリン腺が活発になり、ニオイが発生してきます。

 

 

 

ワキガ体質かどうか見極める1つのポイントは、耳垢が湿っているかどうかというものです。

 

子供に遺伝しているかどうか心配な場合には、耳垢を確認してみましょう。

 

 

 

そんなワキガ対策の1つの方法として、手術が挙げられます。

 

この手術は、アポクリン腺を除去するというものです。

 

しかしながら、

 

  • 1つでも残っていると再生してしまう可能性がある
  •  

  • すべてを取りきるのは難しい

 

とされているものなのです。

 

 

 

ワキガの治療は、他にもボトックス注射や食事改善もあります。

 

なので、「手術はちょっと…」という場合には、そういったものを検討してみると良いでしょう。